Staff Blog

2013.02.01

目から鱗が落ちた日 VOL.4

年明け早々の5日、水道管が凍りついた。
1日目、いずれ解けるだろうと安易に構え、
トイレは風呂水を利用し、2リットルの飲料水とお茶を購入。
コンビニとラーメン屋で食事を済ませ、堀炬燵に入って読書三昧。
夕方になっても水は出ず、入浴をあきらめて就寝。

翌日、当然のことながら凍結のまま。
幸か不幸か、元旦からの積雪は20センチ余り、
バケツに鍋に、雪を盛り、湯を沸かし、水道管の元栓に注水。
水道課の若い衆も駆けつけて、ガスバーナーで熱するが梃子でも溶けず、
とうとう5リットル入りの給水袋3袋をいただく。
スーパー銭湯でも行かないことには、と思いながら夜8時過ぎ、
何気にひねった蛇口から、咳き込むように水が吐き出た。

水源は滋賀県東部霊仙山(りょうぜんさん)。
雪深く、山また山の地の恩恵は真水にある。
おそらく何億年も前から、その流れは枯渇をしらない。
おらが山の、おらが水、これほどの美味い水はない。

Staff Blog Calendar

<<  2013-2月  >>

«前の月次の月»
12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728

最新プロダクト