Staff Blog

2012.12.01

ロゴならお任せください!!

こんにちは。
二度目の登場デザイナーのm.matsubaです。

今年も残すはあと一ヶ月。
このところ寒さも一層増して、体調を崩されてみえる方も多いのではないでしょうか。

私も風邪をひきやすいので、油断せずに今年を締めくくりたいと思います。

さて、今回のブログでは
私の得意分野「ロゴ」について書いてみたいと思います。

弊社では現在東海エリアを中心に39誌の「地域みっちゃく生活情報誌」
いわゆる「フリーマガジン」を発行し、一誌一誌すべてが違う名前となっています。

その一誌一誌のロゴも我々デザイン課の中で案を、
毎度コンペ形式で出し合い決められています。

私はこの弊社情報誌の媒体ロゴを
「すべて私のデザインにする」ことが密かな目標としています。
(密かといっても、自分の結婚式で宣言したのですが・・)

弊社の情報誌は、各配布エリアの様々な情報を、
性別年代問わず、地域に暮らす老若男女に広く読まれている情報誌です。
表紙はもちろん巻頭特集も月によって多様な話題を取り上げています。
そんな情報誌の表紙は、毎回様々な表情の写真で飾られます。

子どもたちの屈託のない笑顔や、幸せいっぱい新婚さんで飾ったウキウキ表紙。
時には伝統ある神社仏閣に伝統芸能などのいぶし銀な激シブ表紙。
「怪人二十面相」さながらです。

そんな表紙に見合うロゴとは・・・。

ズバリ!

「柔軟性のある八方美人」なロゴ。

可愛らしい写真に、筆文字の力強いロゴは合いませんし
激シブの写真に、ファンシーなPOP書体は気色悪い。

そう、どんな写真が表紙を飾ろうと雰囲気を打ち壊さない
着回しがきくロゴが必要とされるのです。

そして忘れてはいけない、そもそものロゴの役割である
「認知させるための主張」を果たさなければなりません。

ターゲットを絞らない情報誌のロゴには、
以上二つの要素を含ませなければならないのです。
私はそんな思いでロゴを創ってきました。


奥が深いロゴの世界。もっと深く探求したい。


先に「すべて私のデザインにする」と書きましたが、
私が入社してから参加した情報誌のロゴコンペの勝率を計算してみたら
採用率60%でした。なかなかの数字だとは思いますが、まだまだ未熟です。
これからも数少ない武器を磨いて皆様のお役立たねば。。

ロゴ制作依頼はコチラまで・・・
http://creative-side.com/modules/ccenter/
要望欄に「松葉を指名」とお書きください・・・(笑)

m.matsuba

Staff Blog Calendar

<<  2012-12月  >>

«前の月次の月»
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

最新プロダクト