Staff Blog

2014.10.10

オウンゴール

産経新聞の前ソウル支局長が韓国の朴槿恵大統領に対する名誉毀損で在宅起訴された。
韓国が報道をめぐって外国メディアの記者を起訴するのは極めて異例ではあるが、私自身も幾度にも渡る取り調べの段階では、日本の報道機関に対する「嫌がらせ」が酷くなったなぐらいにとらえており、まさかまさか起訴までしてしまうとは、本当に驚きだった。

驚きの理由は、あからさまに韓国にとってのオウンゴールにしかならないこと。

産経新聞はセウォル号沈没事故当日の大統領動静という、報道機関なら当然すべき内容を、しかも韓国国内の報道を根拠とし、日本人に向かって日本語でウェブサイトに掲載しただけである。

その結果産経新聞のみ狙い撃ちかのように検察から名誉毀損で起訴とは、恐ろしいを通り越している。
起訴すれば、裁判を行わねばならない。
裁判を行えば、即ち公式に言論の自由が権力によって侵害されていることをアピールしたことになり、司法が独立していないことを知らしめる結果となるのだ。

今後、国際的な圧力がかかっていくのかは分からないが、韓国内での司法の決定は内政干渉により口を出せないのが基本。
事実、当人は韓国側の出国禁止処分により未だ日本に戻れない状態だ。
自由とはこうも簡単に挫かれるものなのか。
毎月出版することで糧を得ている、得ることができている私たちが、簡単に消化してはいけない事態だ。

matsuco

Staff Blog Calendar

<<  2014-10月  >>

«前の月次の月»
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

最新プロダクト