Staff Blog

2014.09.12

陽はまた昇る

批評、評論は立派な一つの作品だ。

ものをつくる人が偉く、ことをなす人がすばらしい。
それは当たり前。知ってるよ。

そのすごさをいかに使えるか、残すか、理解できるかが、
批評、評論の素晴らしさであり面白さ。
素晴らしい批評は作品のそれを超えることがある。


映画「桐島、部活やめるってよ」は驚くことに、作品の中に批評がある。


ネタバレはしたくないので、
内容は書けないけど、

涼也(神木隆之介)の終わり際のセリフで思わず涙した。

意味があるからやるわけではない。
そこに意味を見いだすのが面白い…というか、
意味をつくるから生きていけるんではないんだろーか。

意味がないと…って言ってるヤツほど空虚なんだよ。


原作には興味があるが、
映画があまりにもすばらしかったので、
怖くて読めていない。

そして、
このスタッフブログをいったん休止することを決めたが、
怖くてみんなに言えていない。


S.SATO



Staff Blog Calendar

<<  2014-9月  >>

«前の月次の月»
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

最新プロダクト