Staff Blog

2012.09.10

スポーツ以上にスポーツな・・・

9月9日(日)、富士スピードウェイで開催された
「SUPER GT」第6戦を観戦。

当社のクライアントである洗車・キーパーコーティングを主力商品とする
アイ・タック技研(株)様は、LEXUS TEAMのスポンサーです。
取材も兼ねて、決勝レースをはじめて観戦させていただきました。

マシーン名は「KeePer Kraft SC430 LEXUS SC430」。
ドライバーは若手の新鋭、国本雄資選手とアンドレア・カルダレッリ選手。
前日の予選を3位で好発進したものの、決勝では別のマシンが接触。
順位を落とし、7位という結果になりました。

私、恥ずかしながら
運転免許を持っていません(中広の採用基準は要普免ですが・・・)。
自動車はもちろん、カーレースなんてまったく興味がございませんでした。
しかし実際に観て学び、選手から話を聞き、こんな世界、
こんな需要があることに気付かされました。
もう本当にすごいオーディエンスの数なんですから!!!
GTカー走行中のレーシングコースをバスに乗ってコースを1周できる
「サーキットサファリ」など子どもをターゲットにしたイベントも
たくさん行われています。

モータースポーツって
これまで「スポーツ」という感じはなかったんですよね。
人間はただアクセルを踏んでいるだけで、
マシンの機能が良ければ、誰が運転しても一緒じゃないか。

LEXUS TEAM PETRONAS TOM'Sの
関谷監督からこんな言葉を聞きました。
「カーレースはスポーツ以上にスポーツだ」。

300km/時という想像のつかない速度でコースを走り続ける。
ブレーキのタイミングが少しでも遅ければコーナーで曲がりきれず、
他の車との接触やクラッシュ、下手したら命だって失うこともある。
持続して高速走行する集中力、トラブルに対応できる冷静さ、
敵と駆け引きする洞察力、ここぞというときに突っ切る瞬発力が必要で、
これは立派なスポーツなんだ・・・。

GTカーを作るには何千万、何億の費用がかかります。
スポンサーの出資だってたくさん必要。
この不況に余裕だな、無駄だななんてと思う人もいると思う。
でもカーレースには、夢や希望がある。
選手と一緒に写真をとってもらっていた子どもの笑顔は、
めちゃキラキラしてた。
次世代を担う子どもたちにとって、きっと大きな財産になるに違いない。

プランナーもカーレーサーと同じ。
世間を冷静に分析する洞察力、ビッグアイデアを出す集中力、
反対を受けてもこれがベストだ!と突っ切る瞬発力が必要だ。
ものやサービスを売るためだけじゃなく、夢や希望を与えたい。
そのために店舗様、企業様、たくさんの出資をお願いします!!えへへ。

tsubo

Staff Blog Calendar

<<  2012-9月  >>

«前の月次の月»
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

最新プロダクト