Staff Blog

2014.03.07

花と和歌

だんだんと温かい時間が増えてきた先日、梅の花見に出かけました。

一言に梅といっても沢山種類があるようで、
濃い紅色系の梅は満開を過ぎており、花もまばらでしたが
花が青白い茶青梅が特に見頃でした。
白い梅の中に、赤・ピンクがちりばめられ、
寒気の中咲き誇る姿は凛とし、かっこ良い美しさを感じました。

花見はやっぱり桜が一番!
と思っていましたが、桜に負けず劣らず素晴らしかったです!

奈良時代の先人にとっては、花と言えば梅を指している和歌が多いそうで、
土佐日記で有名な紀貫之の
「人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 花ににおひける」
も梅の花だけは昔のままの香りで咲き誇っている。と歌っていると先日教わりました。

調べていると、万葉集には桜を読んだ歌が40首・梅を詠んだ歌が100首程度みられ
古今和歌集ではその数が逆転しており、
この頃から「花」の別称が桜と使われるようになったそうです。

桜が読まれている和歌では、紀友則(紀貫之の従兄弟)の
「久方の ひかりのどけき 春の日に しづ心なく 花のちるらむ」
などが有名です。

桜も梅も1000年以上前から見る人々の心を動かし、豊かに表現され続けています。
日本人特有の細やかな心の機微を先人達が見た景色を通じて、
私も感じられるようになりたいと思った梅の花見でした。

Y.K

Staff Blog Calendar

<<  2014-3月  >>

«前の月次の月»
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

最新プロダクト