Staff Blog

2013.12.25

この空に願う、未来――

 土曜日に映画館に行ってきました。
 鑑賞した映画は百田尚樹原作の「永遠の0」。第二次世界大戦中、海軍でゼロ戦に乗っていた宮部久蔵の姿を、現代の孫がさまざまな人と話して辿っていくストーリーです。久しぶりに映画を見て涙腺が緩みました。
 「私は死にたくありません」腕利きの搭乗員だった宮部がいうセリフです。臆病者と非難されながら、家族のために生にしがみつく宮部の姿が非常に印象的でした。戦争の時代に生きた軍人の、素直な視点に終盤は涙をこらえるのに必死でした。詳しくはぜひ映画や本を楽しんでくださいませ。

 映画を見て、思い出したのは、自分の祖父です。
「わしはな、予科練(海軍飛行予科練習生)やったんや」
 子どもの頃から、そんな祖父の話を聞かされてきました。祖父の時代を考えると、神風特攻隊入りがほぼ確実だったので、配属前に終戦してよかったとずっと思ってきました。
 そんな祖父も86。高齢の祖父ですら、兵士としての戦争は体験していません。原作者の百田さんが「戦争を語れる世代がいなくなる」というとおり、貴重な話を聞ける機会は、もうほとんど失われてきているのでしょう。

 私は戦争が嫌いです。
 そのため、祖父が戦争の話を語り出すときは、どこか遠くの話と認識して、耳をふさいできました。
 しかし、映画を見て、改めて話を聞いてみたいと思います。
 ちょうど年末年始。祖父の家にも行く予定です。
 戦争の時代に生きた祖父の話に耳を傾けて、改めて当時のことを知っていきたいです。

r.nomura

Staff Blog Calendar

<<  2013-12月  >>

«前の月次の月»
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

最新プロダクト