Staff Blog

2012.08.24

四輪、二輪、足

最近、バイクを買いました。

乗っていると「不便ってのは、いいもんだ」と改めて実感させられます。

生活のハードルが下がります。

車なら難なく行ける「道路」が心を焚き付ける「コース」に変わり、

遠いと億劫なだけの「目的地」が充実感をもたらす「ゴール」に変わります。



道具は、達成への道程を省略し、達成の充実感を削ぎます。

なので優秀な道具を使って充実感を得るためには、目標をより遠く大きくせねばなりません。

省略された充実感を補う為に、より高みに存在するストレスに向かって走らねばならないのです。

この繰り返しが、人類が道具を持ってから繁栄を成し遂げた根本原理です。



今、名古屋から大阪へ50分で行けるのも、セントレアから韓国へ2時間で行けるのも、

そのストレスのおかげ。ストレスは成長や発展をもたらします。



しかし、ストレスはストレス。嫌なものは嫌ですね。



プライベートぐらいは、そのハードルを下げてあげるのもいいものです。

バイクの決して「爽やかでない」風は、私のストレスを取り去ってくれます。

巷で最近になって市民マラソンや山登りが流行り出したのも、

複雑怪奇な現代で、シンプルに自分を誉められる場だからかも知れませんね。



さて、AISASがSIPSとなり、紙がタブレットに変わっていく世の中、

デジタルによる超絶な便利が人類にもたらしているストレスは意外に大きいと、私は思っています。

便利さが人の管理能力を凌駕すると「トイレのないマンション」になる事は、周知の通り。

人類は、SNSを扱いきれる程モラルが高く、コミュニケーション力に長けているのでしょうか?

毎月200万部以上、強制的に「紙束」を家庭に配っている身として、

…何より出版・広告業界に身を置くものとして、

私たちこそ紙とWebのせめぎ合いをもっともフェアに判断せねばならない立場と、僭越ながら自負しています。

大切なのは、どこにも偏向しないバランス感覚だと思っています。

バイクも乗るし、マラソンもするけど、やっぱり車を一番多く使うさ。

現に不便の良さをPowerMacG5で打ち込んで語っている自己の矛盾を受け入れ、

無責任な便利でなく、責任ある便利を提供できるように微力を果たしていきたいと思っております。


マツコ

Staff Blog Calendar

<<  2012-8月  >>

«前の月次の月»
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

最新プロダクト